今日の一枚 43. Lobo, Of a Simple Man

70年代に突然出てきたSSWのロボのことは、有名な二曲Me and You and a Dog Named Booと I'd Love You to Want Meの作曲者であるということ以外には知らない。しかし、どちらも思わず歌いたくなるような名曲であることは間違いないだろう。
彼のようなフォーク寄りの路傍のミュージシャンという感じの人々は大好きである。他に例を挙げればDlyanは別格としてJerry Jeff Walker, Tom Waits, John Prine, Hoyt Axton, Don McLean, Jesse Winchesterなどがそうである。
このシリーズももうすぐ50回とキリがいいので、そろそろ種も尽きたしそのあたりで別の趣向を考えてみようかと思っている。アイデア歓迎ですので、ご意見お聞かせください。


Side A
No. Title Length
1. "Intro" 0:24
2. "There Ain't No Way" 3:14
3. "A Big Red Kite" 4:06
4. "Recycle Sally" 3:10
5. "Don't Expect Me to Be Your Friend" 3:38
6. "A Simple Man" 3:05
Side B
No. Title Length
7. "I'd Love You to Want Me" 4:04
8. "Let Me Down Easy" 2:45
9. "Pee-Ro Juan Valdez Sam Quixote" 4:04
10. "Running Deer" 3:25
11. "Gypsy And The Midnight Ghost" 3:08
12. "Am I True To Myself" 3:33

カテゴリ:エンタメ・ホビー

コメント